軽いサイクリング

  twitterやってるとブログ書かなくなりますね。
  冬のバカみたいに寒い時と夏のバカみたいに暑い時は走りたくないんだけど、今の時期は日が落ちてからなら快適に走れることに今更気づいて、走るようにしてます。近くにダムがあるのでその周りをぐるっと。距離は22km、時間が1時間ちょい、平均時速が18kmぐらい。
  冬の間サボってたので、最初は峠で心拍が180超えてたけど、最近は165ぐらいに落ち着くようになりました。腰というか背中というか、そのへんが痛かったのも、骨盤を立てるってのを意識してみたらましになりました。

1
なんか食い散らかされてた骨

2
この先とうふ。先に豆腐屋がある。

最近の自転車

  冬の間は寒くて辛いので乗ってなかったけど、暖かくなったのでぼちぼち乗り始めました。ウェアを夏物に変えたところ、最初に買ったパンツだとやはり尻が痛くなるので、パールイズミの3D-Neoパッドが入ってるものを買いました。試してみたところ2時間ぐらい走っても痛くならないし、なにより降りた後の違和感が全然ないのに驚きました。これはいい買い物でした。

邪道でも利便性を

  なぜロードバイクにはスタンドがないのか。真っ先に出てくるのは大抵「かっこわるいから」という身も蓋もない理由なのだが、ちゃんと調べてみると、「走る」ことに特化して重量や空気抵抗をできるだけ減らすという理由があるようです。そのためにフレームも細く薄くなっており、そこに本来ついていないスタンドを取り付けると、本来以上の負荷がかかってしまいフレームが破損する可能性がある、ということらしい。
  しかし俺が自転車を買った目的は走ること自体ではなく、旅行の移動手段としてなので、利便性を考えるとスタンドが必要なのだ。それに元々がMTBだし、取り付ける位置もBBなので、キックスタンドよりは負荷の掛かり方もましだろうと判断した。
  一番苦労したのは、29erに対応したスタンドを探すことだった。普通のMTBは26インチだし、最大で28インチまでしか対応していないスタンドがほとんどだった。試しに28インチ用のスタンドを付けてみたけど、長さが足りなくて自立させることは出来なかった。700C用のスタンドならつくかもしれないけど、上記のような理由でそもそもロード用のスタンドというのはディスプレイ用ぐらいしかない。
しかしようやく見つけた。UNICOというメーカーが出しているESGE「ダブルレッグスタンド」という製品で、29erMTBにも対応と書かれていたのですがる思いで注文した。実際に取り付けてみると十分安定して自立させることができた。29er用のスタンドを探している人にはぜひお勧めしたい。

ここでそうびしていくかい?

  これでついにいっぱしの自転車乗りと名乗れるようになる! ヒャッホウ! 装備が整ってくるとテンションも上がって楽しくなるからいいですね。はじめてなのでとりあえずAmazonでそこそこ評価のあるペダルにしました。ビンディングはもっと軽く引っ掛けるものかと思っていたんだけど、実際つけてみると一番弱いバネでもかなりガチっとひっかかるので驚きました。今日は天気もすぐれなかったので、家の周りでビンディングをはめる練習をしていました。真価が発揮されるのはやっぱりヒルクライム? しんどいのは嫌だけど、今はちょっとだけ楽しみ。
  あとサイコンも入手。CATEYEでケイデンスと消費カロリーの表示があるものとなるとV3一択になりました。カロリーとか別にいらなくね?と思ってたんだけど、最近夜食の食い過ぎでデブってしまい、これはイカンと自転車で有酸素運動をすることに。こいつも実際に使うのは次回から。サイズはたたんだ携帯ぐらいかなと思ってたけど、ずっと小さいですね。

保津川、嵐山、渡月橋

  本当は宇治まで行こうと思ってたんだけど、思いつきで寄った保津川で写真撮るのが楽しすぎて、結局嵐山で引き返しました。これほどデジイチが欲しいと思ったことはない。水の写真撮るの楽しそう。
(続きを読む…)

1 / 512345
/html?php get_footer(); ?