Blender備忘録:球へ変形

メニューのMesh→transform→To Sphereを実行することで、選択部分を球へ変形することができる。実行時のウインドウにあるFactorで強度を変更できる。

参考:Blender Wiki「球へ変形(To Sphere)」
http://wiki.blender.org/index.php/Doc:JA/2.6/Manual/3D_interaction/Transformations/Advanced/To_Sphere

toshpere

Blender備忘録:ナイフツール

Knife(手前のメッシュだけをカット)は、メッシュを選択しなくても使える。
Select(奥のメッシュもカット)は、カットしたいメッシュを選択しないとカットできない。
selectknife

Blender備忘録:面を追加して結合

接続したい境界エッジを選択した状態で[W]キーからスペシャルメニューを呼び出し、「bridge edge loops」を実行する。

ブリッジ

Blender備忘録:注視点

3Dビューを動かす際の中心となる点。基準としたい部分を選択して 「.」(ピリオド)キーを押すと、そこが注視点となる。
(Ctrl+「.」 など、もうちょっと調べる必要あり。)

Blender備忘録:単位

◆blenderにはBU(Blender Unit)という単位があるが、Sceneの設定で変更できる。

◆Propertiesウインドウ > Scene > Unitsを開くと、1BUに相当する単位を変更できる。
scene
Noneは変更なし、Metricは1メートル、Imperialはフィートになる。
デフォルトで表示されているCubeは2BUなので、Metricにすると2m、Imperialにすると6.562となる。

◆3DView上で単位を表示するには、プロパティーバー > Mesh Displayの最下部、Edge InfoやFace Infoのチェックをつける。

◆ただしこの数値はLocalでの数値となっているため、Objectモードで大きさを変更したあとでも、Editモードでは同じ数値が維持されたままになっている。
scene2
上図では2mのCubeを、左はEditモードで、右はObjectモードで、それぞれscaleを2倍にした。左は一般的な感覚通り数字も2倍になっているが、右は2mのままになっている。

◆ObjectモードでのリサイズをEditモードの数値にも反映させるためには、Ctrl+Aで表示されるApplyメニューから、ScaleをApplyしてやる必要がある。その後Editモードに入るとさっきと違い4mになっている。
scene3

 
参考サイト:
CGrad Project Blog「Blenderでの長さの扱い」
http://www.cgradproject.com/blog/archives/2674

BlenderFAQ「一般的な質問 Q. blender内での長さ、大きさの単位って?」
http://blenderfaq.blender.jp/2-5faq/yi-ban-dena-zhi-wen#TOC-Q.-blender-

1 / 3123
/html?php get_footer(); ?