京都国立博物館「国宝鳥獣戯画と高山寺」と「秀吉の愛した天下三作-吉光・正宗・義弘-」

2014-10-18 15.21.08
(続きを読む…)

カブトムシ

  年に一度ぐらい、網戸にこいつがバンバンぶつかってくる
DSC_0032
(続きを読む…)

箕面の紅葉に写真比率を思う

  箕面の滝へ行って来ました。今日はこの場所の紅葉がちょうど日に映えてきれいでした。滝自体は水量が少なく、滝にかかる紅葉も終わりかけでいまいちでした。あの場所の紅葉が一番きれいなのはもうちょっと早い時期なのかな。検索してみた感じ、滝の水量は夏のほうが多い感じがします。
  ところで画面比率の話。これはスマホで撮ったのでHD比率になってます。テレビなどの映像コンテンツも、それを見るモニタも、最近はワイドが増えてきました。一方で写真は昔からの4:3比率が維持されてますね。この「動画は16:9、静止画は4:3」というのは今後も維持されていくのでしょうか。写真はこの比率の中でどのような配置にするかというテクニックも蓄積されていますし、そう簡単に16:9へ移ることはないでしょう。しかし、ケータイやスマホのカメラで撮った16:9の写真を4:3の枠に収め直そうとすると、かなり窮屈な印象を受けるのも事実。もちろんそれはリサイズ前のより広い範囲が写った写真を見ているから、というのもあるのでしょうけれど、16:9だからこそ表現できる写真というのもあるように思います。最近「手軽に」写真を撮るツールとして用いられるのは、カメラよりも携帯電話系カメラ=16:9のほうが圧倒的に多いでしょう。今後は今までの4:3の技法に加えて、16:9の中でどのように見せるか、という新しい技法も生まれてくるのでしょうか。この2枚の写真を載せるにあたって、一旦4:3にリサイズしようとしたのですが、結局そのままにしました。そんなことから、今後の写真の行く先について少し思いを馳せてみました。
  何が言いたかったのか簡単にまとめると、「比率混ざるとめんどくさい」。

保津川、嵐山、渡月橋

  本当は宇治まで行こうと思ってたんだけど、思いつきで寄った保津川で写真撮るのが楽しすぎて、結局嵐山で引き返しました。これほどデジイチが欲しいと思ったことはない。水の写真撮るの楽しそう。
(続きを読む…)

夏の妙見山

  自転車で登ってきたので写真をいくつか。INFOBARで撮影しました。
(続きを読む…)

1 / 3123
/html?php get_footer(); ?