iPad mini Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル

DSC_0038
  INFOBAR A01の動作がいよいよ重たくなってきたので、ついに乗り換えることにしました。
  順当にAndroidを使い続けるなら、フルHDとRAM2GBのNexux7か、そこそこのスペックでも安さが売りのMeMO Padかという考えでした。でも実際に売り場(ヨドバシカメラ梅田)で触ってみたところ、Nexus7は本体のスペックを見る以前にルーターがパンクしてて全然ネットにつながらず、どうにもなりませんでした。売る気あるのかなと印象も悪くなってしまった。MeMO Padは液晶が凄まじく黄ばんでたので即却下。結局、値段が高い以外に特に不満がないiPad mini Retinaにしました。
  実際使ってみたところ、動作も軽快だし、IIJmioの遅い回線でも繋がりさえすればキビキビ動いてくれて大満足。不満は下部の液晶が若干黄ばんでいること。画面を回転させて逆さまにしてみても黄ばんだ位置は変わらなかったので、表示画面によるものではなくハードの問題のはず。このへんは個体差かなあ。ちょろっと調べたところ、パネルの製造元はシャープとLGがあるらしく、今回はハズレを引いてしまったのかも。
  それとこれは私の勘違いで、wi-fiモデルにもセルラーモデルにもSIMを差すところがあると思い込んでいたので、買ったwi-fiモデルにSIMカードを差す部分がないと気づいて変な汗をかきました。でもセルラーモデルにすると+15,000円もするので、今までどおりモバイルwi-fiルーターのお世話になるつもり。

コメントの投稿は、記事の投稿から4週間のみ可能です。
 
/html